「空理空論」の謎の検討は者いのちの謎を解明する部分

“寝てるときに探る志望”これはあたしが約27通年生きて来てとりわけ疑問だとおもうことである。寝ている間まるっきり六気分がその空白に移動しているような不思議な感覚である。
「一体志望は何なのか?」その問合せに迫ってみたいと思う。
こういう設問のクリアを握っているのは画像界の覇者黒澤明監督が1990カテゴリーに制作した「志望」です。主人は自分が見た志望を8媒体をストーリーに書き起こしオムニバス画像として、スティーブン・スピルバーグと協力して画像を完成させた。
ポピュラー、ヒューマンは起きてから5分け前以内に夢の95%を忘れ去るという推定されている中で黒澤明は枕元にメモ用紙を置き、目覚めたと共におみやげがある内に夢の中味を控えとしていうのだ。
その8媒体とも、自分の昔の事例であったりとか、戦争の遭遇であったり、また現代社会の弊害を考察した中味となっている。
「志望」は人間の快眠ときの「レム快眠」という浅い熟睡のときのときに見ると繋がる。
その間は人体は休まっているが脳は活動しているという。
となると、「志望」は脳に関係があるのではないかと思えて来る。
最近、探査でわかっていることは「快眠」といった「おみやげ」そうして「志望」といった「思い」は密接な関係があることだと言う。またヤツのみならず犬や猫などの鳥獣も見ると言われている。
夢の仕事には
・「おみやげの要約」
・「心の疼痛を抑え思いを整理する」
・「出来る振舞いへの道楽レーション」
・「想像(開発思いの丈)を飼う」といった仕事があることが分析されています。
いわゆる脳は、人々が寝ている間に古めかしいおみやげから「何を覚えておくか?」「何を忘れ去るか」という候補が行われ加療・バージョンアップ・変更もののことが脳内で行われているという。
二度と、たとえば「志望」の中で昔の内の不快事例をはじめとしてニート・失恋・死別といった辛いトラウマ的現象が出てくるのは「おみやげの要約」を行うと共に「感情の要約」も行われている。ただこれが重い場合になると、災害や津波などの災禍、修羅場のおみやげなどとてもショッキングな現象も志望となって表れる。こうしたショッキングな現象は脳がその加療役割の許容を越えうつ病やPTSDなどの精神病によっていると見掛ける。
ともあれ、人々が眠っている間に心の疼痛を改良させるために脳が勤める。
脳が動くというのだ。そんな仕事が志望にはいる。
また、たとえば明日キャリアの面談であるとか努力試合ですといった大事なパターン、その道楽レーションを志望で見ることがあるが、ヤツは自ら脳内でそのシュミレーションをやり、精神や仕掛け類推といった様々なことを期待させる役割を持つ。
それは適切ヒューマンが経験していることだと思う。
また、たとえば空を飛ぶ志望を見たりであるとか、性的な志望を見たりといったことは、こういう「想像(開発思いの丈)を飼う」というところに関係してくるのではないかと思われる。
「想像(開発思いの丈)を飼う」というよりは「期待」であったり「念願」であったり「空論」などが志望となっているのではないかと考える。
また見極める志望が人によって「白黒」のヒューマンもいれば「色」のヒューマンもいるみたいです。
因みにこちらは色しか見たことがないのだが、とある実測では60値段以上のヒューマンは白黒の人が多いという。その理由は画像やTVがその階層の方たちは白黒が多かったからではないかと思われるという。
ただ、こちらも「志望」の事はおそらく分析されていない。
多分「志望」の事を分析しゆくことは人間の脳の神さまを解明する感じではないかと思う。
ここからは、様々な資料、小説をもとにしつつあたし個人の発明を述べていきたいという。
「志望」は人によって確かめるものが違う。
たとえば,2カテゴリー前に亡くなった平成ゴジラ関連のおはこ監督を通していた川北紘一は「常々どんな夢を見るか?」という尋ねられ「空を飛んでいる志望をよく見る」という仰っていた。
画像や特撮などクリエイティブなヒューマンが見極める「志望」はクリエイティブみたいになることが多いという。
その中で、さっき紹介した黒澤明の「志望」。
「あんな志望を見た」というテロップで始まる8媒体のオムニバス画像です。
幼い時の内面を語った「狐の嫁入り」や「ひな祭り」にまつわる不可思議な志望や、かつて画家を志した黒澤明が画家の覇者ゴッホに会いに行った志望などである。
その中で色濃く現代に発言を放っているのが「赤富士」と呼ばれる中味です。
地震にて富士山噴火し、近くにあったが原発が不幸を起こすという内容です。
黒澤明はこういう社会問題に関する弊害を激しく洞察していたのだろうと思われる。
こういう画像によって「志望」は人間の感情の奥深くから掘り起こされた「おみやげ」「期待」「困惑」そういったものが映像となって浮き出るのではないかと想う。
怖い志望を見えて目覚めれば不愉快気持ちになる。
逆に興味深い志望を見ればいい気分にもなる。
一層常々考えている事が志望となる事もある。
うつ病などの精神病の手当につき患者が見た志望からその心ときの分析・手当を行うやり方があるようだ。
考えれば感じるほど志望は疑問です。
「映像」として探るだけのものならまだしも
「気分」も映るは如何なる振舞いなのだろうか。
とっても「夢の背景」って「現代」という2つの背景があるように思えてならないこともあるほどです。
極論、志望に逃避したいということを目標にした藤子不二雄の激情バージョン「ドラえもん のび太という夢幻三剣士」で「夢の世界で生活したい」というのび太の実態逃避じみた請いをドラえもんは未来の設備で実現させ、夢の中で壮大な冒険が繰り広げられるというチャットです。
こういう画像を通しても、至高関心が高いのが、「見たい志望を見たい」のである。
往年、プランされていた「特命捜索200X」という局で分析試験を行っていた。
そのためには、見たい夢のことをずっと考えなるとか枕元にそれに関連するものを据え置くといったことをすれば見れるリスクは起こる。
志望は感情の世界の会話であるから、そこからある期待・想像は志望となって浮き出る場合があるという事である。
また、志望は見ている間に志望といった気づいたらコントロールできると言われているがこれはあたしは遭遇済みなので真実味はおっきい。
ともあれ、種々、考察してきたが、志望について結論を出すことは酷い。
ただし、そのことを突き詰めることは、人間のまだまだ分析されない脳や心の神さまを解明するの同じだ。
ヤツ・心理・脳・生・・・ありとあらゆるか思想家やサイエンティストなどその真相を分析しようと努力してきた。
ただし、そのなぞは分析されていない。
特に、ヤツ・心理・脳・生は奥が深いという事例なのだろう。
これからもその探査がすすむことを興味深く見守り思索の旅を続けていきたいという。
(了)鈴村あいりの動画を購入するなら