私の好調のバロメーター、スカイプ英会話の25分

ボクは現下スカイプによる英会話学習をしています。毎朝スカイプを立ち上げ、ヘッド用意を着けて待っているという呼出し響が鳴り、画面を通じてフィリピン人のドクターが「いらっしゃい、グーッドモーニング!」といった笑顔で呼びかけてきます。こんな毎朝の25分間の英会話が始まって3ヶ月が経過しました。引き金はフィリピンでの短期間での言葉留学でした。ちょっと2ウィークの留学だったので、もちろん眼に見えた増強はなく、しいて言えば「外人のEnglishに耳が些か慣れて、自分からも恥ずかしがらずにEnglishを響かせる(言い方中心で、文法もマジですが)ようになったかな?」程度の申し込みでした。その程度の前進であっても、帰宅後にEnglishを使う機会がなければ直ぐに元の、「聴きとれない。話せない」状態に帰ることは間違いありません。そこで現地のドクターに求められたのが、スカイプ英会話でした。ドクター曰く、「週間1回や2回で年中するよりも、束の間も通常継続するほうが効果的です」とのでした。なのでボクは帰宅後にスカイプの英会話を始めました。
始めは心悸でした。電話で見知らぬ人類って日本語で話すのも緊張するのに、大丈夫かと。ただしムービーのある無しはでかいもので、お互いの外見が窺えることが、これ程情緒疎通のバリアーを引き下げるのかといった、あらためて気づきました。そうして現下、各回訓練終了後に、賢く意思や生き方を伝えられては喜び、逆に言いたいことをワードできずに歯痒い気持ちを繰り返しています。たかが毎朝の25分間、但しボクにおいて既にワンデイを楽しくスタートさせるために欲しい時間になっています。詳しくはこちらから